もしもの時のために

安心して葬儀を行うために

もしもの時にあわてず、納得のいく葬儀をするためには事前にご家族で話し合い、備えておくことが重要です。

悲しい知らせは突然訪れるものです。
悲しみや戸惑いの中、慣れない葬儀を短期間で執り行わなくてはなりません。気が付いたらあっという間に葬儀が済んでいた、というのもよくあることです。
そのような状況においても、慌てず余裕を持って判断し、故人・ご家族にとって「いい葬儀」にするには、事前に準備することが必要になります。

事前に葬儀の準備をすることは不謹慎ではありません。一度きりの葬儀を納得のいく形にするために、故人は意思を伝えたり、家族は話し合ったり、調べたりすることをお勧めします。

もしもの時に備えておきたい事をまとめましたので、ご参考にしてください。

準備しておくこと

喪主を決めておきましょう。
夫婦の場合は配偶者、いない場合は長男、子供がいない場合は親、兄弟になります。
世話役を決めておきましょう。
葬儀の全てをご遺族で取り仕切るのは難しいので、ご親戚や友人、勤務先や町内会などの信頼できる人に。
役割を手分けして協力してもらいます。
宗教・宗派・家紋などの確認をしておきましょう。
葬儀には仏式・神式・キリスト教式・無宗教式などがあり、さらに仏式は宗派によってさまざまです。
お付き合いのあるお寺や神社・教会がある場合は連絡先を控えておきましょう。
ご本人の現住所・本籍・生年月日を確認しておきましょう。
死亡診断書などの書類を書く際に必要になります。
遺影用の写真を探しておきましょう。
祭壇に飾り、その後も残るものなので、比較的お顔が大きく写っていて鮮明なものを用意しておきます。
ご遺族、ご親族の名簿を作成しておきましょう。
お知らせする方々の連絡先を名簿にまとめておくといいです。
一般弔問・会葬者数を予測しておきましょう。
故人だけでなくご遺族の交際範囲も合わせて調べておきましょう。年賀状の枚数も一つの目安となります。
故人の愛用品を準備しておきましょう。
故人と一緒に棺に入れてあげたい(入れたい)愛用品を用意しておきます。
また最後に着せてあげたい(着たい)服も用意しておきます。特に希望がなければ、葬儀社指定の仏衣(白装束)になります。
印鑑を用意しておきましょう。
死亡届や火葬場での手続きなどに使います。故人のものではなく届出人のものが必要です。手続きは印鑑をお借りして葬儀社が代行しますので、銀行印など以外の預けてもいい三文判(認印)をご用意ください。シャチハタ不可。
ご本人の意向を伝えたり、訊ねたりすることも大切です。
ご遺族に「こんな葬儀にしてほしい」という希望があれば伝えておきます。
遺言書でもいいでしょう。また、葬儀社に生前予約や会員登録(互助会)などしていないかも確認しましょう。普段からコミュニケーションを図り、葬儀について考えておくことが何よりも大事です。

病院でお亡くなりになられた場合

葬儀社へ連絡 → 当社 0120-42-1198 (24時間)
故人名、病院名、お電話されてる方のお名前、連絡先、搬送先を伝えます。
病院にある故人の荷物を整理し、持ち帰る準備をします。
死亡診断書をもらいます。
指示に従い、迎えの車が来るまで待ちます。

※ご注意
病院が葬儀社や寝台業者を指定・紹介することがありますが、葬儀を依頼する葬儀社が決まっている場合はお断りください。
搬送や枕飾り、安置などの料金が請求され二重の負担になったり、病院に紹介料が支払われ葬儀費用が高額になる場合があります。

ご自宅でお亡くなりになられた場合

かかりつけの医師がいる場合は来ていただき、死亡が確認されれば死亡診断書をもらいます。
医師の診断を受けてない場合は警察に連絡します。
→ 警察の指示があるまで遺体を移動してはいけません。
その後、警察の指示に従います。

お問い合わせはこちらから

会社概要

0120-42-1198

〒590-0048
大阪府堺市堺区一条通7-10
電話番号:072-224-9555

会社概要